分娩

診察・教室オンライン予約

診療時間

診療時間表

アクセス

岡村産科婦婦人科 地図 QRコード

診察・教室のご予約が携帯
サイトからご利用できます。
ぜひご活用ください。

  1. TOP
  2. 分娩
  3. 母乳育児

母乳育児

授乳は母親としての生活で、最も満たされた経験のひとつでしょう。
それは、赤ちゃんに保護と栄養を与える自然の仕組みです。今日、母乳哺育は多くの女性にとって愛情と楽しみに満ちた、自然で合理的なものと考えられています。

正常な赤ちゃんにとって、母乳は最良の栄養です。自然の働きによって母乳は赤ちゃんの発育に適するようにつくられています。
母乳には、赤ちゃんに必要なすべての栄養がちょうど適量に入っているだけではなく、赤ちゃんの体に母乳自身がよくなじみます。母乳は赤ちゃんがアレルギーにならないような働きもします。また、細菌による感染やその他の病気を防ぐような物質が母乳には含まれています。

人工栄養(ミルク)でも赤ちゃんに十分な栄養を与えることはできるのですが、おっぱいを介する授乳は、赤ちゃんに精神的な好影響を与えます。その行為は母と子を結びつけ、お互いの幸福感を増進します。

母乳哺育をする母親には、肉体面でも好影響があります。乳頭を吸われると、母体からはオキシトシンというホルモンが分泌されて、子宮を収縮させ、その結果出血量も減少し、子宮も早く回復するようになります。妊娠中に蓄積された体内の脂肪は、母乳の分泌に使用されますから、授乳する方は体重も早く元に戻りやすいのです。

母子

このように、母乳哺育にはさまざまな好ましい点があります。
ただし、赤ちゃんを出産されたらとたんに母乳がでてくるわけではありません。お産後早期からの頻回な授乳行為の繰り返しによって、少しずつ、乳汁分泌が促されてきます。
したがって、母乳育児をご希望の場合、早期からの頻回授乳を開始していただきます。赤ちゃんがお乳を求めるタイミングは、時間を選びません。
日中はもちろん、夜間であっても、赤ちゃんが求める度に、授乳行為を繰り返すことが基本となります。乳汁分泌が遅い場合、赤ちゃんの状態によっては補足を検討します。
補足は搾乳から開始し、場合によってはミルクの使用をおすすめすることがあります。

赤ちゃんを育てる過程でたくさんの選択と決定をしなくてはなりませんが、母乳哺育をするかどうかもその選択のひとつです。どうしても母乳でなければならない、ということではありません。
考え方・やり方を押しつけることなく、おっぱい・赤ちゃん、両方の状態をみながら、その都度ご相談していきます。

授乳は、出産後からはじまる育児の第一歩であり、その進め方について、あなた自身が理解し、かつ十分にご納得いただいていることが大切です。
私たちは、お母さまが自信をもって子育てに臨むことができるよう、お手伝いしたいと考えています。